雲林公益基金会がお年寄りと清掃員に温かい朝食を届ける

 2016年4月21日、杭州雲林公益基金会による「雲林朝食」活動が「上城区清波街道老年食堂」に入り、集まった近くのお年寄りや清掃員たちにかい朝食を提供した。

 杭州雲林公益基金会は成立した当初から慈悲救済の精神をもって、積極的に公益活動に参加してきた。今回の活動は今後どのようにより多くの敬老・便民の公益活動を進めて行くかを模索するものである。心から善事を行うために、温かい朝食を提供する活動から発足し、長期的に社会に奉行する。これをもって、多くの人々に社会公益活動に参加してもらい、優秀な伝統文化を高揚し、調和ある社会の実現に向けて力を尽くすように呼びかけるものである。

2051 人数