杭州霊隠寺:2019年仏教図書館分類編目研修班が開催される

  3月12日午前、2019年度仏教図書館分類編目研修班が霊隠寺で始まり、全国各地の仏教図書館から百名近くの専門家と来賓がこの始動式に出席した。始動式の開始にあたり、霊隠寺住職の光泉大和尚、浙江図書館書記長の徐潔女史、浙江大学図書館館長の黄晨氏がそれぞれ挨拶をした。

  3月16日、五日間にわたった研修班が円満に終了した。この間、32か所の全国の仏教図書館と仏教学院図書館からの45名の図書館員が集中的に『中国図書館分類法』の分類原則と規則、『雲林仏教図書分類法』(修正版)の具体的な使用法について研修した。

  さらに、第一回になる全国仏教図書館連盟館長会議及び『雲林仏教図書分類法』編集委員会の座談会も相次いで開催された。


研修班始動式の会場


挨拶する光泉大和尚


挨拶する徐潔女史


挨拶する黄晨氏


研修班の授業風景


全国仏教図書館連盟館長会議及び『雲林仏教図書分類法』
編集委員会の座談会会場


2019年春季仏教図書館研修活動の代表者たちの記念写真

523 人数